パラクリアはメダカの病気や寄生虫に効果がある?

パラクリアはメダカの病気や寄生虫に効果があるのかどうか説明します。

パラクリアはメダカにもおすすめ

最初に結論から書きますが、パラクリアはメダカの飼育にとって非常におすすめです。私は従来までメダカのエサは「メダカの産卵繁殖用フード(金パケ)」をつかっていましたが 、現在はパラクリアに全部置き換えています。

パラクリアはギロダクチルスなど、主にエラ病を引き起こす寄生虫を駆除する効果があると言われています。

ですが、実際はパラクリアにはギロダクチルスだけでなく、様々な寄生虫や病原菌に効果があるらしいという噂があります。さらに、多くの方が悩んでいる痩せ細り病など、内蔵の病気の治療や予防効果もあるらしいです。

実際に私も、メダカの体表に何かが付着しているなど、軽度の異常であればパラクリアで完治させた経験があります。

パラクリアはメーカーが宣伝している効果を遥かに上回るポテンシャルがあるようですし、何より粒が細かいため針子から親魚まで全てのメダカに使用できます。実際、堀切めだかさんのように、メダカのエサは全部パラクリアを使っているところもあります。

病気を完治させる効果はない

ただし、パラクリアはすでに症状が出てしまっている状態では、病気を完治させるまでの効果はありません。

たとえば、ヒレを閉じていたり泳ぎ方がおかしいレベルになっているとパラクリアだけで治療することは困難です。水換えして薬浴+塩浴を行いましょう。

https://www.aru-na.net/post-2557

パラクリアがメダカ用に超絶進化!

さらに、2023年現在ではパラクリアはメダカ用にアップデートされ、超絶進化を遂げています。

パラクリア顆粒タイプとパウダータイプの成分が改定され、粗タンパクや粗脂肪の量が大幅にアップされました。

また、善玉菌のひかり菌も配合され、メダカの飼育により適した餌に進化したのです。今までパラクリアは粗タンパクが40%以下と、メダカの飼料としては栄養価が物足りませんでした。

ですが、今回のアップデートで栄養価が金パケなどのメダカ専門飼料並みに引き上げられたのです。

これにより、メダカ飼育、特に病気にかかりやすい屋内飼育にはパラクリア一択といってもいいぐらいの高品質な餌となっています。

ただし、値段も30グラムで600円前後と非常に効果なのがネックです。ですが高価なメダカなどを室内で飼育している場合はパラクリアを使ったほうがいいでしょう。私も屋内ではパラクリア、屋外では金パケを使っています。

パラクリアとは?

パラクリアとは観賞魚用配合飼料メーカーの最大手であるキョーリンが販売している魚用のエサです。主に金魚、コイの飼育用に開発されたエサですが、粒が細かいためメダカの飼育に用いている方も非常に多いです。

また、パラクリアは普通のエサではなく寄生虫を駆除する効果がある植物の成分が含まれています。このため、パラクリアを使用するとエラ病などの病気予防が期待できるため、メダカ愛好家やメダカ専門店なども常用している方が多いです。

パラクリアの成分

パラクリアの成分について説明します。

フィッシュミール、小麦粉、大豆ミール、とうもろこし、小麦胚芽、ビール酵母、ビタミン類(塩化コリン, E, C, B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3, ビオチン)ミネラル類(P,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)
(オレガノ,ガーリック,シナモン,ジンジャー,タイム,レッドペッパー,ローズマリー)、

パラクリアの成分は、フィッシュミールやビタミンなどの普通のメダカの餌に入っている成分に加え、7つのハーブエキスが含まれています。

これらのハーブにはギロダクチルスなどの寄生虫を駆除する効果があります。鷹の爪(唐辛子)を水槽に入れると白点病の予防になるという民間療法がありますが、ハーブには魚の病気を治す効果がある種類のものがあることは古くから知られていました。

これを利用したのがパラクリアというわけですね。実際、パラクリアにもレッドペッパー(唐辛子)が含まれていることからも、パラクリアの成分がメダカの病気に効果があることを物語っているといえるでしょう。

パラクリアの効果について

パラクリアは医薬品ではないので効果に関してはホームページを見てもぼかして書いてあります。ですが、ギロダクチルスとダクチロギルスという、エラ病の原因となる寄生虫を駆除する効果があるのは確かです。エラ病に感染した魚にパラクリアを3週間与えた場合、ギロダクチルスなどの寄生虫は1匹も検出されなかったそうです。

トリコディナや白点病にも効く?

さらに、パラクリアはギロダクチルスだけでなく、トリコディナや白点病など、その他の魚の病気にも効果があるらしいというのがネット上で噂になっています。

実際、パラクリアをメダカに与えた上で、顕微鏡でメダカの体表を観察している方がいらっしゃいましたが、トリコディナと呼ばれる寄生虫も駆除していることが明らかになっていました。

ちなみにトリコディナはメダカに感染するとなかなか治らないので、もしパラクリアで確実に治療できるのであればかなり画期的な発見だともいます。

https://ameblo.jp/chupotama/entry-12774458861.html

さらに、トリコディナだけでなく、白点病やカラムナリスなどの病原体にも効果があるらしいという噂があることも事実です。

パラクリアは痩せ細り病にも効果がある?

さらに、パラクリアはメダカの痩せ細り病にも効果があるという噂があります。痩せ細り病は原因不明のメダカの病気で、決定的な治療法がなく、致死率が高い病気です。パラクリアを与えると痩せ細りのメダカが元気になったという事例はいくつかあるため、内臓に感染した寄生虫などにも効果を発揮している可能性があります。

私も現在痩せているメダカにパラクリアを与えていますが、まだ1週間経っていないので確定的な効果は実感していません。ただ、まだガリガリに痩せてしまったメダカが生きているので悪い効果はないと思います。

パラクリアの使い方

パラクリアの使い方はとても簡単で、毎日メダカにパラクリアを与えるだけで効果を発揮します。パラクリア自体の食いつきはとても良く、狂ったようにメダカが食いつくので苦労することは一切ありません。

メダカに与える場合は「パラクリアマッシュ」という粉末状のタイプの製品を使います。パラクリアの配合飼料はSSタイプでもメダカには大きすぎますし、マッシュなら針子にも使えるため1種類のエサだけで全部完結します。

パラクリアは効果を完全に発揮するのに3週間かかるため、3週間はパラクリアのみを与えるのが効果を最大限発揮するために必要だそうです。パラクリアは効果が出てくるのが遅いため、明らかに病気の症状が現れていたり、ヒレを畳んでいたり食欲がないメダカは薬浴と並行してパラクリアを与えたほうがいいでしょう。

パラクリアのデメリット

パラクリアのデメリットとして、流通量が少なく、ホームセンターなどで手軽に購入できない状態になっています。ただAmazonなどで安く買えるのでだいぶ便利になったと思います。

まとめ

パラクリアはメダカのエラ病などの寄生虫が原因とされる病気を治療したり予防する効果があるとされています。ただ、完治まで3週間かかるので、明らかな病気の時は薬と並行して使ったほうがいいでしょう。

また、痩せ細り病など、あらゆるメダカの病気の治療や予防にも効果があるとされているため、普段からパラクリアだけで育てている方も多くいらっしゃいます。私も現在パラクリアのみをメダカに与えてみて、病気を根絶できるかどうか実験しています。

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2&i=pets&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=10R6XB6FHFEYQ&sprefix=%E3%81%B1%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%82%2Cpets%2C396&ref=nb_sb_noss_2

Comment

  1. No comments yet.

Related posts