エンペラー(メダカ)の特徴、飼育や繁殖、値段について解説

改良メダカ「エンペラー」の特徴、飼育や繁殖、値段について解説します。

エンペラーの特徴

エンペラー レッドクリフ

エンペラーは2023年に夢中メダカさんによって販売されたメダカです。エンペラーは紅白模様に加え、背中に幹之メダカのような体外光が入ります。

また、ヒレも青く光り、オスの尻ビレは縦長に伸びるロングフィンになります。レッドクリフ紅白を作出する過程で産まれたメダカだとされており、体色やヒレの色はレッドクリフ紅白と全く同じです。

ただ、レッドクリフ紅白はマリアージュのようなワイドフィンを持っていますが、エンペラーの場合はワイドフィンではなくロングフィンになります。

ワイドフィンはベタのように横長にヒレが伸長しますが、ロングフィンは縦長にヒレが伸びます。また、ワイドフィンはメスもワイドフィンになりますがロングフィンのメスは普通ヒレになります。

エンペラーの飼育

エンペラーの飼育自体はとても簡単です。卵や針子も非常に丈夫で繁殖力が強いメダカです。

エンペラーの繁殖

エンペラーの繁殖力は強くたくさん卵を産みます。繁殖に関しては普通のメダカと全く同じでとても簡単です。

エンペラーの固定率

エンペラー

エンペラーの固定率は低いです。エンペラーなどの紅白体外光の品種は、頭が赤で体全体に体外光が乗る「丹頂(タンチョウ)」模様が一番勝ちが高いとされています。ですが、丹頂模様のエンペラーはほとんど出ないです。

ですが、体外光が乗って紅白模様が入り、ヒレが光る、エンペラーの特徴を最低限兼ね備えたメダカは半分以上は出てきます。もちろん、全く体外光が乗らなかったり、オレンジ一色、白一色のメダカも産まれてきます。ただ、実際に数百匹ぐらいエンペラーを孵してみましたが固定率はそこまで低くありませんでした。

ただ、これはエンペラーに限らず紅白や三色全体に言えることなのですが、どうしても表現がバラける傾向があり、固定率も高いとは言えないです。

エンペラーの値段

エンペラーはヤフオクに初めて出品された当初は数十万円で落札されました。現在では価格はだいぶ落ち着いてきましたが、それでも数千円から数万円で取引されています。そもそもエンペラーは紅白体外光の中でも流通量が少ないため、専門店などでは殆ど出回らないメダカとなっています。

まとめ

エンペラーは人気の紅白体外光・ヒレ光の非常に美しい高級メダカです。現在はだいぶ価格も落ち着いていますが、それでも数千円から数万円程度で取引されています。このため、エンペラーを購入する場合は卵から購入することをおすすめします。

1個あたりたったの数十円で購入できるため、お金がなくても高級メダカのエンペラーを育てることができます。メダカのたまご屋さんというショップでは、本物のエンペラーの卵を適正価格で販売しているのでおすすめです。

エンペラーの卵を購入する

Comment

  1. No comments yet.

Related posts