メダカの病気について、見分け方と治療・予防法を解説!

メダカの病気について、見分け方と治療・予防法を解説します。

メダカの病気治療法一覧表

メダカの病気 症状 原因 治療法
白点病 白いつぶつぶがたくさん付着 寄生虫 アグテン・メチレンブルー・グリーンF
水カビ病 綿毛のようなものが付着 カビ アグテン・メチレンブルー・グリーンF
エラ病 エラが腫れる、エラを早く動かす 細菌or寄生虫 グリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴
尾ぐされ病 ヒレが白く溶ける、充血する 細菌 グリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴
寄生虫症 体を砂にこすりつける、激しく泳ぎ回る 寄生虫 アグテン・リフィッシュ・プラジプロ
細菌性皮膚炎 体が充血する、出血している、色が薄くなる、体が白くなる、体を砂にこすりつける 細菌 グリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴
痩せ細り病 痩せて元気がなくなる 細菌・寄生虫・栄養失調 エルバージュ・塩水浴・観パラD
松かさ病 鱗が逆立つ 細菌? グリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴

メダカの病気はわかりづらい

メダカの病気はポツポツ死と呼ばれる突然死と、痩せて弱って死ぬいわゆる「痩せ細り病」、エラが腫れ上がって呼吸困難を起こし死に至る「エラ病」、細菌性皮膚炎などのわかりづらい病気がほとんどです。

一方で白点病や水カビ病など、飼育書に載っているような典型的な病気に感染することはあまり多くありません。

私は数多くのメダカを飼育していますが、白点病に感染したのは2回だけです。こないだ買ってきたばかりのメダカが一匹白点になって死んだのと、屋外のメダカを屋内に入れたら白点が出ていたのでアグテンで薬浴させたら完治しました。

ですが、痩せ細り病やポツポツ死で数多くのメダカが死んでしまいました。

メダカの病気はわかりづらい

さらに厄介なのはポツポツ死や痩せ細り病はよく観察していないと病気の兆候がわからないため手遅れになりやすいということです。メダカは病気に感染しても目に見える症状が出にくく、異変を見逃しやすいです。このため、病気の兆候を見つけたらすぐに治療することが最も大切になります。

メダカは室内飼育では病気になりやすい

メダカはカラムナリスやエロモナスなどの細菌感染症に非常に感染しやすいです。特にカラムナリス菌は伝染力が強く、あっというまに水槽内で蔓延してしまいます。

特に熱帯魚や金魚など、他の魚を飼育している場合は、ほぼ間違いなくメダカだけが細菌感染症に感染します。

グッピーなどは細菌に対して抵抗力が強いため水槽内でも大丈夫ですが、メダカは細菌類にたいして抵抗力が弱いため、すぐに病気になることが多いです。

このため、もしベランダや庭があるなら外でメダカを飼育したほうが簡単に飼育できますし、室内でもなるべく他の魚と一緒にしないように飼育したほうが成功しやすいと実感しています。

エアポンプやフィルターの水流なしのほうが病気になりにくい?

メダカはエアポンプやフィルターなどで水流があると病気になりやすいと言われています。たしかに昔実験したらエアレーションした水槽のみ病気が出たことがありました。

ですが、きちんと事前にアグテンとエルバージュで薬浴させれば病気になることはありませんでした。おそらくエアレーションで底砂に溜まった嫌気性細菌が撒き散らかされてしまい、病気が蔓延したのだと思います。

現在、私はメダカの水槽が10個以上ありますが全部エアレーションしてスポンジフィルターなどを設置しています。もちろん病気になっていませんし水換えの頻度を減らせるので、トリートメントを行ってからエアレーションしたほうがいいでしょう。

メダカの病気の兆候

メダカは病気になってもわかりづらく、目に見えるほど症状があわわれた時点で手遅れであることも多いです。このため毎日病気になっていないか観察してチェックすることが大事です。

ヒレを畳んでいる

他の魚ではヒレを畳んでいる(閉じている)のは病気を見分ける最もわかりやすい手段です。ですが、メダカは背びれが短いためヒレを畳んでいるかどうかが分かりづらいです。

ですが、他の魚と比較するとわずかにヒレを畳んでいることがあり、体調不良のサインになります。ヒレを畳んでいる=病気ではありませんが、他に原因が見当たらないときは病気である可能性が高いです。

体色が薄い

メダカは病気になると体色が薄くなります。メダカの色は背景によって変わるため、水槽の底の色が薄いとメダカの体色も薄くなります。

ですが、他のメダカの色は濃いのに1匹だけ薄いのは体調不良であるサインです。

孤立している

メダカは群れで泳ぐ性質があります。このため、1匹だけで孤立しているのはそれだけで病気の兆候になります。特に群れと離れてぼーっと泳いだり、追い回されていたり、まったく元気が無いようであれば病気になっている可能性があります。

痩せる

メダカがガリガリに痩せてしまうのは痩せ細り病と呼ばれる病気です。もちろん冬眠明けなど餌を与えないと痩せてしまうことがありますが、まるで病人のようにやせ細っているのは病気です。慣れてくればただの痩せか病気かわかるようになります。

https://www.aru-na.net/post-2675

白い斑点のようなものが付着している

メダカの体表やヒレに白いものが付着しているのは高確率で病気です。もし白い粒がたくさん体に付着しているようなら白点病で、綿毛のようなフサフサしたものがついていたら水カビ病です。

ですが、白いもやもやしたものがついたり、白っぽく変色しているような感じになっていることが多いです。ヒレに白い塊がついていることもありますが、短期間で増殖しなければ寄生虫の病巣である可能性が高いです。

ヒレが溶ける・破れる・白くなる

ヒレが溶ける・破れる・白くなるのは尾ぐされ病と呼ばれる病気です。特にメダカは細菌性の尾ぐされ病に弱いためヒレが溶けたり白くなっていたら注意しましょう。ただヒレ長メダカの場合はヒレが破れていても病気ではないこともあります。

充血・出血

メダカのヒレや体表が充血していることがあります。メダカが怪我をして血だらけになることはめったにないため、細菌感染症によって皮膚が侵食され、出血している可能性が高いです。

カラムナリス菌が原因の病気は進行が早いため、もし血を出しているメダカを見つけたらすぐに治療しないと死んでしまう可能性が高いです。

エラを早く動かしている

苦しそうにエラを動かしている状態はメダカのエラ病である可能性が高いです。特に、他のメダカと比べるとエラがパンパンに腫れ上がってパクパクと水面近くで苦しそうにしている場合はエラ病でほぼ間違いないです。エラ病を放置すると呼吸困難でメダカは死んでしまうためすぐに治療したほうがよいでしょう。

体をこすりつける

体を床やフィルター、水草などにこすりつける動作は寄生虫や細菌感染症である可能性があります。単にかゆいからこすりつけていることも多々ありますが、何度も繰り返しこすりつけたり、ほかの症状が併発している場合は病気である可能性が高いです。

鱗が逆立つ

お腹が膨れ上がり鱗が逆だっているような状態は松かさ病と呼ばれる病気です。薬浴で治る場合もありますが、よく原因がわかっていないため治療は難しいです。

ただし松かさになるのは金魚がほとんどで、メダカが感染することはめったにありません。

食欲がない

食欲がない、餌を食べないのは病気である可能性が高いメダカの行動です。水温が低かったり、最初水槽に入れたての頃は警戒して餌を食べに来ないですが、導入して時間が立っているのに数時間しても餌を食べなかったり餌が残っている場合は病気の可能性が高いです。ちなみに魚の場合食欲がないのは致命的であり、完全に餌を食べないと何をしても助からないことが多いです。

メダカの病気の治療法

メダカの病気の治療法について説明します。メダカは特に細菌感染症に感染しやすいため、抗菌剤を用意しておくといいでしょう。魚用の抗菌剤は

エルバージュ
グリーンFゴールド顆粒
観パラD
グリーンFゴールドリキッド

の4種類があります。この中でグリーンFゴールド顆粒は水草を枯らし、エビや貝を死なせてしまいます。一方観パラは水草を枯らすことはありませんが、エビと貝には有害です。ラムズホーンですら死にます。これは試したので間違いないです。グリーンFゴールドリキッドは観パラより成分が弱いです。

そして、意外なことにエルバージュは一番きつい薬と言われていますが水草、貝、エビは無傷でした。何度もエビや貝がいる水槽で使っていますがヤマトヌマエビやタニシも死ななかったです。(大丈夫だと思いますがくれぐれも自己責任でお願いします)。もしメダカの水槽に水草や貝がいる場合はエルバージュを使いましょう。

エルバージュやグリーンFゴールドなどの顆粒タイプは500mlのペットボトルに溶かして冷蔵庫で保存しておくと便利です。あとはスポイトなどで測れば小型容器でも薬浴しやすいです。

私は病気のメダカがいたらエルバージュと0.3%の塩水で薬浴させます。これで50%のメダカは助かります。ダメなら塩水の濃度をあげます。

また、病気が水槽内に蔓延しているようであればエルバージュを直接投入します。これで細菌性の病気が蔓延することを抑えることができます。

アグテン

アグテンは白点病や水カビ病に効果がある薬です。ですが、アグテンは白点病だけでなくツリガネムシなどの体表に付着した悪い寄生生物にも効果があるようです。

このため、エルバージュに加えてアグテンを入れるとほぼすべての病気に対応できます。アグテンは水草や貝、エビにとっても全く無害なので水槽にそのまま入れるだけでOKです。

私は病気発生時はアグテンとエルバージュを同時に水槽に入れています。

https://www.shopping-charm.jp/product/2c2c2c2c-2c2c-2c2c-2c2c-393938303034

塩水浴

メダカの病気は、塩水浴でも治すことができます。病気の原因である寄生虫や細菌などは、塩水では生きていくことができません。

ですが、メダカは塩水に対して抵抗力があるため、ある程度の濃度の塩水であれば大丈夫です。この差を利用して塩水浴でメダカの病気を治療することができます。

さらに、塩水浴はメダカの体力を回復させることができるため、病気末期で薬が効かないときに用います。

塩水浴すると水草や貝などが駄目になってしまうため、私はほとんど病気が出ても行いませんが、末期の病気のメダカは隔離して塩水浴させることがあります。

塩水浴のやり方

まず、1リットル程度の小型容器を用意します。ここに飼育水を注入します。メダカはきちんと温度合わせしないとショックを起こしやすいので飼育水を使ったほうがいいでしょう。

次に、メダカを入れ、1リットルあたり0.3%になるように塩を入れます。1リットルあたり0.3%とは3グラムで、およそ3ccです。100円ショップなどで計量カップを購入しましょう。

ただ、メダカの病気の原因である細菌や寄生虫などは0.3%程度の塩分濃度では死にません。もちろん症状が軽ければ0.3%の塩水でも良くなることがありますが、効果が見られなければ数時間後にもう0.3%分の塩を足します。

いきなり0.5%以上塩を入れてしまうとメダカが死んでしまう可能性があるので段階的に塩を入れましょう。もちろん0.3%入れた段階で治癒すれば問題ないですが、今までの経験上、中程度から重症の病気のメダカが0.3%で病気が治ったことはほとんどありません。

メダカの薬浴

塩水浴で治らなかったり、明らかに病気であるときは薬浴を行います。特にヒレや体表が充血したり、エラが腫れている状態であるときは薬浴したほうがいいです。

家に薬がないときはとりあえず塩水浴させてから薬を入れるのもありですが、明らかに「病気」の状態ではメダカにおいては塩水浴より薬浴させるか、塩浴と薬浴を同時に行うほうが安心です。

白点病

白点病はメダカの体表に細かい白い点がたくさん付着します。白点病は最も有名な魚の病気ですが、白点病の魚をお店で購入しない限り感染することはありません

このため、実際メダカが白点病に感染することはめったにないでしょう。白点病にはアグテンかメチレンブルーなどの青くなる薬を使います。

アグテンの効果はすさまじく白点病はすぐ治ります。

尾ぐされ病・細菌性皮膚炎

尾ぐされ病はメダカのヒレが裂けたり、白く溶けたり、充血する病気です。カラムナリス菌やエロモナス菌という細菌が原因です。同じくヒレではなく皮膚が白くなったり血が滲んだりしているとカラムナリス菌が皮膚炎を起こしています。

メダカのヒレが破れる原因は病気以外にもありますが、患部が白くなっていれば細菌に感染しているため治療が必要です。重症になるとヒレや皮膚が充血してくるのでその前に手を打つことが重要です。0.5%以上の塩水で塩水浴させるか、エルバージュやグリーンFゴールドなどの薬を使います。

エラ病

エラ病は寄生虫によるものとカラムナリス菌によるものと2種類あります。エラ病は、金魚や熱帯魚では寄生虫によるものが多いですが、メダカは寄生虫ではなくカラムナリス菌が原因であることが圧倒的に多いです。これは寄生虫用の薬を使っても全く効果がなかったため間違いありません。

ちなみに寄生虫の場合、グリーンFなどの薬は全く効果がありませんが、カラムナリス菌の場合は尾ぐされ病と同じ治療法でOKです。

エラがやられると呼吸困難で死んでしまうため、重症になるまえに治療することが大事です。プラジカンテルやリフィッシュなどの寄生虫用の薬が手に入ればまず使ってみてもいいですが、塩水浴やグリーンFゴールドなどで細菌を退治することが肝心です。

やせ細り病・ポツポツ死

痩せ細りやポツポツ死と呼ばれる原因不明の病気がメダカには非常に多いです。ですが、私の意見ではこれらの病気はカラムナリス菌が原因である可能性が高いです。実際0.5%以上の塩水浴やエルバージュによる薬浴で治った個体が何匹もいます。

https://www.aru-na.net/post-2675

https://www.aru-na.net/post-2662

松かさ病・穴あき病

松かさ病や穴あき病はエロモナス菌が原因と言われていますがはっきりとしたことはわかっていません。グリーンFゴールドやエルバージュなどを餌に混ぜて与えると効果的であるとされています。ただしメダカに関しては内蔵に病気が感染するとすぐに死ぬため、あまりこういった重度の病気に感染することは少ないです。

メダカの病気の原因

メダカは水槽で飼育していると非常に病気に感染しやすいです。一方、外で飼育するとほとんど病気になることがなく、ほったらかしておいても大丈夫です。中にはビンでメダカを大量に詰めてそのまま放置している人もいます。

なぜ水槽ではメダカは病気に感染しやすいのでしょうか。私の経験上、メダカが病気になりやすい環境や原因について紹介します。

水質悪化

よく教科書的な模範解答として、メダカの病気の原因は水質悪化だとされています。たしかに、初心者のように狭い水槽に水道水を入れ、買ってきたメダカをいきなり大量に入れたら確実に病気になるでしょう。

ですが、バクテリアや濾過の知識がある人間でアクアリウムの経験がある方でもメダカの室内飼育で病気になって死んでしまう方は多いです。

私は複数の大型アクアリウムショップのベテラン社員の方やメダカ専門店を経営している方とメダカについて話をしていますが、メダカは屋内で飼育すると病気になったり、原因不明の突然死などが頻繁に発生した経験をほとんどの方がお持ちでした。

実際、某大手アクアリウムショップでは、仕入れたメダカの3分の1がダメになってしまうこともあるそうです。

メダカの病気は水質悪化が原因であれば、アクアリウムショップやメダカ専門店の経営者は水質管理が全くできていないことになります。そして、水質管理ができていなければ他の熱帯魚や金魚も病気で死んでしまうはずです。少なくともメダカと同じ3分の1が死んでしまうはずですが、決してそうではありません。

実際他の魚は全く大丈夫なのにメダカだけが病気になって死んでしまうことが非常に多いです。私はメダカだけでなく金魚や熱帯魚、海水魚など幅広く飼育していますが、すぐに病気になって死んでしまうのはメダカだけでした。

そもそもメダカは田んぼや水たまりなどの全く水の流れがない場所に住んでいます。こういった場所は水の流れがないため腐敗物が溜まりやすく、水質はそんなに良くないはずです。

そもそも、もしメダカが本当に水質悪化に弱いのであれば流れのない田んぼなどではなく、きれいな清流に住んでいるはずです。

長くなってしまいましたが、私がこの章で何を言いたいのかというと、メダカが病気になる原因は水質悪化であるケースはごくわずかで、ほとんどの方(中級者以上の方)は別のところにあるのはほぼ間違いないということです。

日光不足

日光不足も長らくメダカの室内飼育で病気が発生しやすい原因だと言われていました。たしかに日光には紫外線が含まれているため殺菌効果があります。

ですが、私は全く日光が当たらないどころか、照明すら設置していないケースでメダカを問題なく飼育しています。

実は、全く日が当たらない環境でメダカを飼育している方は多くいらっしゃいます。さらに、メダカは実験動物として、おそらく全く日光があたらない環境で飼育されてきた歴史があります。もちろん日光を浴びせれば病気が少なく大きく健康なメダカに育ちやすいのは間違いないでしょうが、強い光は必須ではないと思います。

栄養不足

室内でメダカを飼育すると栄養が足りなくなり病気を起こしやすくなるという説があります。私も数多くの方に質問しまくりましたがこの説を推している方はかなり多かったです。ですが、みなさんが実践している方法は全然バラバラでした。

栄養添加剤を使用している方やイトミミズやミジンコを与えている方まで多種多様でした。そして、私も栄養に気をつけるようにしていましたがポツポツ死や痩せ細り病などの病気は回復しませんでしたし普通に病気に感染する個体はいました。

これらのことから、栄養不足は病気になりやすくなる傾向があるのは本当でも、劇的に改善されることはないと思います。また、メダカが病気になる原因の一つとして栄養不足は考えられますが、大きな原因ではないと思います。

乳酸菌・納豆菌など

乳酸菌・納豆菌・酵母菌などの善玉菌をメダカに食べさせると細菌感染症を抑えられるというデータもあります。実際にこれらの善玉菌をあたえつづけていればエロモナスなどの細菌感染症が治ったというデータもありました。

ですが、尾ぐされなどの症状が出始めてからは遅いと思います。ただ、他の魚では善玉菌入りのバクテリア剤や餌などを使えば病気の発生が少なくなっていることは実感しているので、多少の予防効果はあると思います。

他の魚を飼育している

熱帯魚や金魚など、他の魚を飼育しているとメダカは圧倒的に病気になりやすいです。メダカは細菌性の病気に非常に感染しやすいです。グッピーなどの魚が平気でも、メダカはすぐに死んでしまうことも珍しくありません。

もちろんメダカと同じ水槽で混泳させた場合は非常に危険ですが、同じバケツや網を使っていたり、水草や貝などから病気が感染することも考えられます。

特にカラムナリス菌は貝やエビも感染するだけでなく、水滴などからも感染する可能性があるそうです。このため、他に魚を飼育している方がメダカを飼育する場合は飼育器具から水草に至るまで全部新調したほうがいいでしょう。

それでも感染することもあるため、すでに金魚や熱帯魚を飼育している方は外でメダカを飼育することを強くおすすめします。

エアポンプを使っている+底砂を分厚く敷いている

エアポンプを使った上で底砂を厚く敷いていると病気の原因になることがあります。底砂を厚く敷いていると嫌気性細菌が発生します。この嫌気性細菌がエアレーションで巻き上げられてメダカの体表に付着し病気になります。

このため、実はメダカを水槽で飼育する際はエアポンプを使わないほうがいいという説があります。メダカが感染しやすいカラムナリス菌は好気性細菌で、エアレーションすると菌が繁殖しやすくなります。

実際、メダカの病気が多発する「死の水槽」が私の家にありました。なぜかこの水槽のメダカだけ病気になるのですが原因がわかりませんでした。その水槽だけ唯一エアレーションを行った上で底に分厚くソイルが敷かれていました。

そこで私はソイルを取り除いたところ病気になるメダカはそれ以降現れませんでした。

それ以降、私は底砂をほとんど敷かずパラパラとまぶす程度にしています。そのうえでエアレーションしているのですが、病気になったメダカは今のところほとんどありません。外からの持ち込み以外で病気が発生することはなくなったので、メダカの病気の最大の原因は底砂の汚れである可能性が高いと私は考えています。

病気予防には水底をきれいに保つ

私はメダカの病気予防には水底をきれいに保つことが重要ではないかと考えています。実際メダカはあまり水の底に寄ってくることが少ないです。これは底の部分には汚れが溜まりやすく病気になりやすいからではないかと考えています。底砂を減らして水換えの際に糞や食べ残しなどを掃除するようにすると病気が明らかに発生しにくくなるためぜひお試しください。、今のところメダカは病気になっていません。このため、本当にエアレーションをやめれば病気が少なくなるのかはまだはっきりとしていません。

卵から育てれば水槽内で飼育できる理由

さらに、卵から育てれば水槽内でメダカを育てても問題ないことが多いです。これも幼い頃からカラムナリス菌に慣れて耐性がついているからである可能性があります。

実際、病気から立ち直って、一度カラムナリス菌に感染しているであろうメダカは再び病気に感染しにくいです。このことから、カラムナリス菌に一度感染したメダカは再び感染する可能性は低いことがわかります。

メダカの病気治療は予防が肝心

メダカの病気治療は早期発見が大事です。また、メダカは水槽内では非常に病気に感染しやすいため、予防が肝心です。特に他に魚を飼育している場合はどれだけ気をつけていてもカラムナリス菌やエロモナスに感染してしまうため、病気が発生したら全部の水槽を消毒するか、外で飼育したほうがいいです。

最後に、メダカの原因不明の病気に関してもほとんどが既存の魚病薬で対応できる可能性が高いです。エルバージュとアグテンを混ぜて薬浴させれば、病気の末期でなければたいていよくなります。エルバージュやアグテンなどの薬は常備しておいたほうがいいでしょう。

当記事監修者について

当カテゴリの記事を監修していただいている改良メダカなどの生き物が出品できるフリマサイト「エックスフリマ」についてのお知らせです。

「エックスフリマ」は、出品料・手数料など完全無料のフリマサイトです。

さらに、10月31日までに会員登録された方の中で、アマギフ最大5000円が当たるキャンペーン実施中!

病気のメダカは発送しないので安心。困ったことがあれば何でもLINEにてご相談ください!

メダカを売買したい方はぜひご登録ください!

【アマギフ5000円が当たる】エックスフリマ

 

Comment

  1. No comments yet.

Related posts