メダカをビンのような小さい容器で育てられる?

今回は、メダカをビンのような小さい容器で育てられるかどうか、
ということについて解説していきたいと思います。

小さい容器でも育てられるが・・・

最初に結論から言うと、メダカはビンのような小さい容器でも育てることができます。
ですが、容器が小さければ小さいほどメダカを育てる難易度はアップします。
具体的には、メダカは2~3匹であれば3リットルぐらいの大きなビンでも育てることは可能ですが、
初心者は10リットルぐらいの水槽で育てたほうがいいと思います。

メダカは水の中でしか生きられません。ウンコもおしっこも水の中でするので、容器が狭いとたちまち汚れが溜まってしまい、メダカが病気になって死んでしまいます。

このため、失敗を少なくしたければメダカのような小さな魚でも水槽で飼育したほうがいいでしょう。
とはいえ、最低でも10リットル程度の水量があれば大丈夫なので、ホームセンターなどで売られている金魚飼育セットで十分だと思います。

メダカをビンのような容器で育てる方法

 

ですが、こまめに水換えをするのであればメダカをビンのような小さな容器で飼育することは可能です。
実際、3リットルぐらいの大きなビンでメダカを飼育している方はいらっしゃいます。
ただ、容器が小さいと水が汚れるのがその分早いですし、温度変化も激しくなるためメダカにとってはあまりよい環境ではありません。

このため、メダカの様子を常に観察して、異常があれば水換えなど適切な処置を行うことが大事です。

メダカを小さいビンで飼育できる理由

メダカは金魚など他の観賞魚より水を汚しにくく、病気になりにくいです。カラムナリスなどの伝染病には弱くすぐに死にますが、
エロモナスなどの水質悪化が原因で感染する病気にはあまり感染しにくいです。
何より、メダカは体重が0.1g程度と非常に軽いです。金魚の50分の1ぐらいしかなくその分排泄物などの量も少ないため、メダカは小さい容器で飼育することができます。

https://www.aru-na.net/post-2557

 

最低でも3リットル以上あると安心

メダカをビンのような小さい容器で飼育する場合は、最低でも3リットル以上あると安心です。
1リットル程度のボトルでも飼育することは一応可能ですが、あまりにも量が少ないと体調を崩す可能性が高くなります。
また、メダカを極小容器で飼育するとその分水が汚れるスピードも早いためこまめに換水する必要があります。

エサを少なくする

メダカをビンのような小さい容器で飼育するときに気をつけなければならないことはエサを少なくすることです。
エサを多くするとその分食べ残しや排泄物が増えて水が汚れるスピードがアップします。このため、ビンのような小さい容器で飼育している場合、エサを沢山与えるとあっという間に水質が悪化します。水質が悪化しすぎて食べ残しが腐ってきたり、水が白く濁ってくるとメダカにとって命に関わる危険な状態になります。

メダカをビンのような小さい容器で飼育するときはこのような事態を防ぐため、エサを通常の半分以下に抑えましょう。
メダカは成魚であれば1日に何回もエサを与えなくても死ぬことはないので、1日1回、耳かき1杯分ぐらいのエサを与えることをおすすめします。

https://www.aru-na.net/post-2663

水換えをこまめに行う

メダカをビンのような小さな容器で飼育する場合、水換えをこまめにする必要があります。最低でも1週間に1度は水換えしたほうがいいでしょう。
特に水温が高い夏場や、1リットル程度の小さな容器で飼育している場合は毎日から数日おきに水を換えましょう。
ただ、全部換水すると温度や水質が急変してしまい、メダカにストレスを与えるため3分の1から半分程度の水を交換しましょう。
また、水換えするときに水温が違うとメダカに多大なダメージを与えるため、容器の隣に汲み置き水を置いておいて温度がおなじになってから水を換えましょう。

さらに、糞など水底に溜まったゴミをスポイトなどで取り除くと水質悪化を防ぐことができます。

小さい容器でエアレーションは必要?

メダカをビンのような小さい容器で飼育する場合もエアレーションはあったほうがいいです。私は薬浴やトリートメントなどで小さなプラケースに入れるときでもエアレーションしています。
エアレーションすると酸欠を防ぐだけでなく水が腐るのを防ぎ、バクテリアを活性化させることができます。このため、水換えの期間を伸ばせるためできればエアレーションしたほうがいいと思います。

貝や水草を入れる

メダカをビンのような小さい容器に入れる場合、貝やエビ、水草などを入れたほうがいいでしょう。
貝やエビは食べ残しを掃除してくれますし、水草はアンモニアや亜硝酸、硝酸塩などを吸収してくれるため水質悪化を浄化してくれます。

https://www.aru-na.net/post-2504

特にマツモやアナカリスはアンモニア吸収能力が高いためメダカをビンのような小さな容器で飼育する際におすすめです。

https://www.aru-na.net/post-2666

まとめ

 

メダカを飼育する時は最低でも3リットル以上の容器で飼育したほうが失敗が少ないです。
さらに、10リットル以上の水槽で飼育したほうがトラブルが少ないため初心者はホームセンターなどで売られている水槽セットを買ったほうがいいです。
ダイソーの容器でもメダカを飼育することができますので、できればビンのような小さな容器ではなく大きな容器で飼育しましょう。

https://www.aru-na.net/post-2511

Comment

  1. No comments yet.

Related posts